一生成長

 

ご訪問ありがとうございます(^^)

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている

ロルフシィーズのブログです。

 

 

 

京都の植物園で撮ったコスモス(画像が横向きにしかならないけどきれいなので・・)

 

 

 

わたしは、来月56歳になります。

 

昔は、スゴーーーく「おとな」な年齢だと思っていました。

 

肉体はどんどん「おとな」になるのに、思考やパターン、習慣はそれほど変化しない。

 

自然におとなにはならないのかもしれない。

 

どこか過去の時点で、成長が止まっている(フリーズしている)ところがあるんだなぁと思う。

 

それなら過去から離れたらいいんだけど、それがね・・簡単ではないからみんな苦しい。

 

でも!

 

苦しみ続けるか、そこから離れて気分よくこころ平和でいるかは ”自分で選択できる。”

 

いつでも、どんな状況でも、どんな相手であっても。

 

相手のせいで・・どうにもならない状況だから・・と思う時

 

それは、自分がそういう見方を選択をしてるのだから、そこから出られない。

 

 

 

最近、ネット上のコミュニケーションで、難しさを感じるケースに出会った。

 

当然私のこころは静寂や平和から離れる時間が増えた。

 

 

普段、日常のストレスはこんな感じで起こり、心から平和な時間が減り、

 

過去に起こったアレコレに思いが釘付けされて

 

そこで止まってしまう。

 

 

 

こんな時に「AH=アティチューディナルヒーリング」が役に立った。

 

自分のこころの平和を選択することを試みる。

 

どんな出会いでも、その中に自分を信じて(それは相手の中の光を信じることでもあるけれど)

 

愛をもって接するという難しい選択ではあるけれど

 

それをやろうとする強い気持ちを育てる練習の機会になりました。

 

 

この考えを提唱している、G・ポルスキー氏のメッセージ「いつもこころが平和な人などいない」の中で

 

彼はこう言っています。

 

「誰も、いつも平和な人などいません。

私はマザー・テレサやダライ・ラマに会ったことがありますが、彼らも常に平和なわけではありませんでした。

でも、彼らがそちらに向かおうとする意志は、とても強力でした。

ですから、私たちは皆プロセスの中にいるのです。私自身もプロセスの最中だし、皆さんもプロセスの最中です。」

 

(続・怖れを手放す アティチューディナル・ヒーリング入門ワークショップ ボランティアトレーニング編 水島広子著

より引用)

 

 

ジェリーは現在94歳です。

 

94歳のアティチューディナルヒーリングの創設者がおっしゃる言葉。

 

とても深いです。

 

 

一生勉強、一生成長。

 

まだまだ私も、出逢う人も皆、肉体を離れるまでプロセスの途中です。

 

56歳まだまだひよっこです。

 

そう思うと、気が楽なってきました (^^♪

 

 

 

 

アティチューディナル・ヒーリングのことを人に話すとき、説明が難しかったのですが

 

「心の姿勢」をどう持とうとするかの練習、と言ったらすっきりしました。

 

「こころの姿勢をどうもつか」ではなく、「どう持とうとするか。」というところが大切なところ。

 

違いは、「持つ」=持たなければいけないとういう強制ではなく、

持とうと試みる=持っても持たなくてもいい。

 

どうするかは自分に任されて自由である。という大きな違いがある所が私はとても好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

  RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

旨味と香りと脳

 

 

 

最近ハマったものには、共通点がある事を発見しました。

 

「紅茶」と「出汁」

 

精油は香りだけなのですが、紅茶と出汁は舌で旨味を感じることができます。

 

ただ、その旨い!と感じるには嗅覚が関わるので、香りもセットになります。

 

本当に香りの良い美味しい紅茶をいただくと、鼻の奥から脳みそがジーンとします。

 

それは、幸福感です。ドーパミンやセロトニンが分泌されるそうなので

 

脳が満足して、そのおかげで気分が落ち着いて、集中力がでます。

(無駄にスイーツを欲しません)

 

最近は美味しく紅茶を家で淹れたり、美味しい紅茶専門店巡りをするのが愉しみです。

 

でも

 

有名店に行って、がっかりする事もありました。

 

紅茶も一期一会。

 

美味しい茶葉と、美味しく淹れられる温度やタイミングで味が随分変わってしまいます。

 

 

先日、京都へ行った時にあるお店で出された紅茶が、葉をずっと入れたままでも苦くならず

 

思わず店主に質問をした事がありました。

 

店主によると、ちゃんと高い温度でいれたら、時間が経過しても苦味は出ないのだそう。

 

私が選んだ、キャンディー春摘みという珍しい茶葉の特徴があったとしても。

 

「私は絶対苦味は出しません。」と自信を持って言い切るオーナーさん。紅茶愛を感じました。

 

だって、店名が「tea horic」うなずけます。

 

自信を持って、でも押し付けでなく、専門家としてお客様に気持ちを込めた一杯を提供する。

 

そのプロフェッショナルな凛とした姿勢。

 

私もプラクティショナーとして見習いたいと、良い刺激をもらえました。

 

 

 

お出汁の話はまた今度。

 

 

 

RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

フランキンセンスを1ヶ月使ってみる

ご訪問ありがとうございます(^^)

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている、ロルフシィーズのブログです。

 



約1ヶ月、フランキンセンスを毎日つけていました。


以前、アロマの講習会で、30人の人に1ヶ月毎日フランキンセンスを使ってもらい、気分や行動の変化を調査してもらったところ

90パーセントの人に良い変化があったと聞いたことがありました。


夏の疲れからか、秋になって少し低迷気味の日が続いたので

「ほんとうかいな?!」と半分期待、半分疑いを持って、自分で実験してみることにしました。


私は、普段そんなに精油を使いません。

でも、本当に困った時は精油に頼ります。すごく助けてもらえるって知っているから。



結果は、本当でした!


1日2、3回気が付いた時につけました。


途中から、オレンジも加えたくなってオレンジも嗅いだり、つけたり。


そして、だいたい1ヶ月位すると、自然につけたいと思わなくなり、つける事を忘れていました。


その後久しぶりに、ガブリエル・モージェイの「スピリットとアロマセラピー」を読みたくなり、


フランキンセンスとオレンジを調べて見たら、、、


なるほど!


フランキンセンスは「太陽」を象徴するような性質を持ち、心の灯りを再び灯す精油。


オレンジは気の流れを良くしてくれる性質を持っていました。


嗅覚は本能に直結しているといいますが、自然に欲するものは体や心に必要なものなのです。


スピリットとアロマテラピーは精油が及ぼす深遠な心理作用に焦点を当てたユニークな本です。


今、自分が気になる香りを辞書的に引いて、そこから自分の心理状態、魂の求めているものを知るのにも良さそうですね。


自分のことは、自分が一番知らないものですから。





RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

頭の中のおしゃべりがやむ時

ご訪問ありがとうございます(^^)

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている、ロルフシィーズのブログです。

 

 

(金沢市の鈴木大拙記念館の水鏡の庭です。静寂を味わえる素晴らしい空間を一度ぜひ訪れてみてください)

 

 

 

最近、人の話を聞くときに、その人の話している時のエネルギーを感じるようにして聴いてみます。

 

話している表面的な言葉、感情そのものより、その奥にあるその人の魂のひかりそのものをジャッジメントなしで感じること。

 

それを積み重ねていくと、おもしろいことが起きます。

 

話してくれている人が、とても愛おしい存在におもえる瞬間がたくさんあります。

 

それと同時に日常では、習慣的に無意識にしている「自分のダメ出し」に気づいたら

 

「いいの。いいの。私だって人間なんだもん。」

 

「よく頑張っているよ。」と自分に声をかける事を繰り返していたら・・・

 

頭の中のおしゃべり(判断や評価、ダメ出し)が、だんだんなくなって静かになってきました。

 

そうすると、こころは 穏やかな湖みたいになる瞬間があるんだなとわかりました。

 

自分のこころの平和のために、行動を起こしてみると世界が次第にやわらかくなっていくようです。

 

AH(アティチューディナルヒーリング)的な話の聴き方、まだまだ日々練習中です。

 

 

 

 

  RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

 

 

日々、こころの平和を大切にする

 

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている、ロルフシィーズのブログです。

 

 

 

 

気づいたら、9月にはブログを書いていませんでした。 しばらくSNSもブログからも離れていた感じです。

 

9月の初め、京都に「アティチューディナル・ヒーリング」=AH(以降)の入門講座を受けに行きました。

 

自分のこころの平和の実践を試みる活動をしています。

 

全世界に広がっている活動で、「ゆるすということ」の著者、ジェラルド・ジャン・ポルスキー氏が主宰しています。

 

日本では、精神科医の水島広子先生が立ち上げて活動されていて、世界のAHグループの事務局長もされています。

 

これは、ボランティアグループによって運営されている活動です。

 

 

 

ご縁があって、水島先生の著者を読みこのグループに興味を持ちました。

 

世の中にはたくさんのセラピーや講座やノウハウが溢れています。

 

私もたくさん参加したり、勉強してみました。でも、どれも満足には至りませんでした。

 

その時は良いのですが、気づくといつもの通りなにも変わっていない気がするのです。

 

 

それがなぜなのか、AHや水島先生の本を読んで気づきました。

 

「知っていたこと」なのに、ほんとうにはわかっていなかったことでした。

 

「いま、ありのままを受けとめる。それでいいと認める。」そこからしか、本当の自分への愛は(人への愛も)生まれない。

 

過去を消そうとしたり、未来に希望を持ったり、ポジティブ思考でいくらがんばっても

 

全部それは「今の私(あなた)ではダメ」と否定からはじまっているから。

 

 

いままで、自分のしているワークでも「変化を促してより良く生きる」をテーマにしていたけれど

 

どこか、変化ばかりを求めることに違和感を感じていて

 

それが、「今を否定する」ことからはじまっているからだったのだな、と気づきました。

 

 

もちろん、良い方向に変化していくことは喜びや希望になるけれど。

 

その前に、今の自分をちゃんと認めてあげて、今の自分でいることを許してあげて、

 

ここまで、十分に頑張って来たし、いまでも一生懸命生きていることをちゃんと認めてあげないと前に進めない。

 

そういう、自分を自分が受け止めてあげられる場があまりないように(なかったように)思う。

 

今の自分がこれでいいんだ。十分にやってきたんだと思える場があると、こころに平和を感じることができる。

 

 

人にはそれぞれ、成長や変化のプロセスがある。

 

それを進めていけるのは本人だけ。無理やり外から変化を起こすことはできない。

 

本人が自らか変わろうとする時、自然に起こる変化を手助けすることならできるかもしれない。

 

それが、自分のボディワークの役割なんだろうとようやく思うようになって

 

感じていたことを今日文章にできた気がします。

 

これから、サイトや仕事の内容も整理してシンプルになっていきます。きっと自然に任せて。

 

自分のこころの平和を大切にするようになって、少しずつ自然に変わってきているみたいです。

 

 

10年以上書いてきた、このブログもそろそろお引越ししようかなと思っています。