春分に向けて

昨日のアロマカフェは、「春分に向けてのエネルギーの衣替え」を目的に来てくださったみなさんと、たのしいひとときを過ごしました♪

色彩セラピーでエネルギーの解放&補給を行いバランスを取ってから、色彩から出てきた無意識のテーマに沿った精油を選びました。

できたブレンドオイルはロールオンにしました。何時でも持ち歩けるお守りです。

素晴らしいサポートブレンドが出来上がりました。(^-^)

どなたもお花の精油を選ばれていて、変容に必要な上昇のエネルギーを無意識に選んでいらっしゃいました。

上昇感の高い香りには、重厚で深い香りを合わせるとグラウンディングとセンタリングを促し、ブレンドとして奥行きと安定感が出ます。

また、重厚なパワフルな香りには、軽い香りをプラスすることで全体の印象をマイルドに爽快にしてくれます。

サポートオイルの反射区への使い方や効果、どのように細胞レベルまで働くかなど
少しミニ講座のようにお話もして
とても盛りだくさんな会になりました。

とにかく今回の春分の日は、大きな変化の始まり。新しい波乗りをどんな風に始めるかアファメーションしちゃいましょう。

今回のエネルギーの衣替えは、タンスの中身をガラッと変えちゃう勢いです。
ひとまず、空っぽにしてみるのもよさそうです〜♪







未来を創造する力



昨年から身をもって体験していることですが、意図することには非常にパワーがあります。

今までは、意図が具現化するには多少タイムラグがあったようですが、今ではかなり早く、時には瞬時に変わるのを感じます。
多くの方が体験しているでしょう。

昨年は、たくさんの負のエネルギーの具現化をやっちゃいました。

これも必要な経験でした。
自分の根底に沈んでいた課題が浮上してきて現れ、現実になっていきました。

課題の再確認です!

人生の残された課題の追試でした。

赤点、免れたかな・・(笑)

“意図の方向性確認”は大事です。

現実を作っているのは、まさに「自分」以外の何者でもない。

だから、いつまでも心配したり落ち込んでなんかいられません!

現実を変えるのは自分自身。

すぐ立ち上がって、方向確認するのです。

一瞬でそこから、新しい現実にシフトしたのがわかります。

もし、自分で感じられないとしても
周りが教えてくれます。

意図の正しい方向性を知るためのアンテナは、自分のハートが持っています。

ワクワクすること、喜びが湧いてくること。

その感覚を呼び起こす事こそ、選ぶべき方向です。








紫のヒーリングエネルギー

昨日の氣楽の会では、プチ瞑想会とヒーリングしあいっこで、とても静かな心地よい時間が持てました。

わたし一人では持てなかった時間です。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。(^-^)

しっかりグラウンディングしたあと、みんなで、紫のヒーリングエネルギーと繋がり
地球の中心へ、そして更に地球上の全ての魂に光が届くよう瞑想しました。

自分が光の道管になって宇宙と地球を繋いでいる。そんなイメージ。


私たちはいつも、地球や宇宙からもらう一方だったと思うと同時に
私たちも、地球に与える事ができることに今更ながら気づきました。

決して一方向の関係ではなく、お互い影響しあって存在している事がわかり嬉しかったです。


当日参加できなかった方や、ご病気の家族にもサークルになって、皆で遠隔ヒーリングしました。

一人よりグループ。グループの作り出すパワーは素晴らしい(*^.^*)

誰かを思いやる気持ち、優しさが地球に沢山降りて来ました。
新しい地球には、この波動がますます必要です。

瞬時に変化が見えなくても、大丈夫!
いま種が蒔かれたばかり。

自分のことも癒しながら、毎日水をあげるように変化 成長を楽しみにしながら
次の世代に成果を渡して行きましょう。(^-^)

私たちは、その道です。



8/25の気楽の会は 特別な日

昨晩の満月は、美しかったですね。
ずっと見とれて、光を浴びていましたら
珍しく眠れなくなってしまい、朝まで起きていました。

さて♪
8/24〜26の3日間は、特別な日になります。

特に真ん中の25日。

ちょうど、午前9:30〜恒例の気楽の会ですので、いつもと少し内容をかえて
エネルギー浄化と地球とのつながりを強める瞑想をしたいと思います。(*^.^*)

レイキを学ばれている方には、簡単にできるでしょう。

もちろん、ヒーリング交換も行います!

この日を含む3日間は、なるべく頭の中のおしゃべりを止めて、静かに今を感じる事が出きるように過ごすと良いです。

今月は、すっかり思考停止状態で
ゆっくりペースで過ごしています。

神聖な静寂を感じながら、地球に届く新しい光を皆さんと一緒に集められることに感謝します。

楽しみです〜(*^^*)





green ray activaton とセコイア



今日は、かなり不思議系のお話です(*^.^*)
自分用のメモに書いておきます。

先日から調べ物をしていて、偶然(必然)知ったのですが、人類のアセンションは着実に進んでいて新しい次元へ以降するにつれ、必要なエネルギーのポータルがどんどん開いているようです。


8月に入ってから、頭痛や倦怠感が通常と違うモードで起こってる方も多いはず。
それも、その影響のようです。

8/6〜12はグリーンrayというヒーリングエネルギーが起動、8/12〜21の期間にその光のポータルが開くのだそう。

この光とのチューニングを12〜21の間に是非ともしてください。(*^.^*)
簡単なんですから!

方法は、樹木とコンタクトすればいいです。木はセコイアか樫の木が良いそうです。(杉系か樫系なら良いと思いますが)

私はメタセコイアが昔から大好きで、お気に入りのメタセコイアに会いに
鶴来の樹木公園に行きました。午前中はだあれも居なくてサイコーでした。

相変わらず、メタセコイアはまっすぐで堂々しててカッコいかったです〜。




出来れば、自然の中に出かけて静かに過ごすと良いです。








裸足でいらないエネルギーもアースしつつ
グラウンディングもしました。

裸足って気持ちいい♪



メタセコイアがサークルを作ってくれてる場所で一番気持ちいいポイントを探してしばらくいました。

そしたら、薮蚊がブンブン。まだまだ、血が汚れていますねー(汗)
解毒中の汚血でしょうか


左を沢山刺されました。
蚊はエライ。その通り只今左側の解毒中なんです。

汚血を吸ってくれている。どこが滞ってるか教えてくれてます。

虫除けも、ムヒも何にももって来なかったから、子供の頃よくくっ付けた血止め草を貼ってみました。



下草でピカピカしてるのをとり、唾をつけて貼る。これがまたピタッとよくつく。
あとは、自然に乾燥して取れるまで貼っておくだけ。

見事に腫れ、痒み治まりました。
またまた、自然の恵みに感謝。(*^.^*)





話がお手当てになっちゃいましたが、

セコイアや樫の木に触れて、対話して
ただそこにいただけですが、行く前に辛かった左側の頭痛がすっかりなくなり
グリーンフレイムのアチューンメントが、無事成された実感があります。

樹木公園の芝生広場の直ぐ奥、小川の横の針葉樹林がメタセコイアに会えるポイントです。

人生の引き寄せに思う

 
「自分から飛び込んで行った」 と思っていた世界に

実は、自分で飛び込む前から引き寄せられ、最初からここに来ることになっていたのではないか?

と思うような出来事、出会い、事の流れにここ数年出逢っている。


「意図」が自分の未来を作ると思っていた。確かに自分の意図も現実を作っている。

それも正しいと思うけれど、自分も誰か(何か)に引き寄せられ、それが自分の大切な人生の一部になっていくということも、あるのかも知れないと思うようになった。

そういうときの引き寄せの流れには、個人のちっぽけな願望達成!みたいな感はなく

宇宙から「はい!あんたに決まり。まかせたよっ!」 って感じで、

宇宙で計画されたお役目を手渡されたような感覚。

この流れに乗るのもなかなかおもしろい感覚。

一人できばらなくても、どんどん事が運んでいくのを、目を丸くして見ている感じです。


二つ目の流れがやってきてる気がするんだけど・・・

これは、乗れそうか。はたまた誰か他の方のお役目なのか、

今しばらく宇宙にお問い合わせ中です(笑)

sift up!enegy change

 
Wellcome to new world !!!

なかんじが 昨日の夕方辺りから来ています。


マヤ暦の最後の日がきのうだったことも

太陽が自分の誕生星座の山羊座に昨日から入ったことも

後から知ったことですが・・・

知る前から気分がかるーくなってきていて、やる気モードにUPしてきているのを感じていました。

誕生星座に生命力の太陽が入ると こんな感じなんですね♪

今まで、あまり感じられなかったです。


だから、今朝から個人的には 一足お先に「あけましておめでとう!!」モードに突入しちゃいました。

なんだかわからないけれど、年が明けちゃったんです。

どんよりした雲が晴れて、すっきりキラキラした空気感です。


家族は風邪にて昨夜からenegy調整中です(笑)
 
結果として、夏からの菜食中心生活も役立ったみたい。

これも家族全員のエネルギーシフト計画の一環だったようです。

全ては決まったとおりに順調に進んでいる。そんな感じの(心境的)新年の始まりです。



春分の倍音声明


大阪天満宮
 
昨日の春分、エネルギーの節目に!と思って大阪であった成瀬雅春先生の「倍音声明」の会に参加してきました。

もともと密教の修行法にあるものを、成瀬先生が誰でもできるように母音を使って

する方法に考えられた、瞑想法、リラックス法です。(宗教とは関係ありません)


初めて大勢でする倍音声明。音のシャワーが体中に響いて心地よく、ふしぎな空間でした。

2時間声を出し続けるのは、さぞエネルギーがいるだろう。と思いましたが

力んだり、無理をせず声を出すことができたので、出せば出すほど声は響くようになり、

からだが軽くなっていくのを感じました。


最初は50人近くの全員で円になり、それぞれの母音からスタートして声を出しました。

そのあと、2つのグループに分かれ、円の中入って倍音のシャワーを浴びる体験をしました。

円の中が一番心地よいそうです。


私は、真ん中で静かに倍音の振動を感じるより、音を発しながら振動を浴びるのが好きでした。

途中、ピアノの音やホルンの音、お経が私には聞こえてきました。

これは実際に聞こえている音を、それぞれの人が自分の感性で拾うため、人によって賛美歌や

お経、音楽などなどに聞こえる現象で、決して幻聴ではないのだそうです。

聞こえる音は様々ですが、からだに感じる振動は、巨大な滝の傍にいる時に感じるものと似ています。

また隣にいる人が代わると、聞こえる音や振動がガラリと変わるのもおもしろかった。


私たちは日々、こうして人と響きあい、自分の感性で物事を拾い、感じているのだということを、

この体験をで確認したように思います。



音のシャワーで場のエネルギーが高まり、終了した後しばらく沈黙します。

その最後の沈黙が、いままでにない体験でした。

声明が終わると、急に外界の現実世界の音が聞こえだすのですが、

さっきまで聞こえていた、街中の車の音や、人の話し声が・・・

私には小川のせせらぎや、鳥のさえずり、波が打ち寄せる自然の音として

数分間にも渡って聞こえていました。

苦手な都会の雑踏が大好きな自然の音に聞こえるふしぎ。奇跡の瞬間でした。


でもこれって、

「私たちはいつでも自分の環境を自分の感覚ひとつで、どのようにも捉えることができる!」って

証なんですよね。

すばらしい可能性を発見して、なんだか力が涌いてきた春分でした。



大阪天満宮2

大阪」天満宮3


会場の近くの大阪天満宮さんに参拝したら、紅白の梅がきれいに咲いていて

いよいよ春!という明るいエネルギーが満ちていました。

水路となる

 先日、セッションの最中に突然 「ここにいるのは誰?だれがこの人にトリートメントをしているの?」

という、不思議な感覚になりました。

そのときのわたしは、ものすごく「いま、ここ」に在ることができたのか・・それとも逆だったのか。

トリートメント中、意識は受け手との共有した空間にいつも在ると思っています。

何かを考えている瞬間と、感覚に導かれて没頭している瞬間が交差している感じでしょうか。

「わたしは誰?」 を感じた時は、導かれるままに感覚の中にいる自分を

考える自分が観察した瞬間なのかもしれません。

無意識と意識の交差点にいたのかなぁ。


意識と無意識の交差点といえば、前回の氣楽の会で、てあて(ヒーリング)を2人一組でし合ったら

活元運動が始まった人がいて他の方が驚いていたけれど、

活元運動は自然にからだが自分で調整しようとする時に出てくる運動で、

トランス状態とか意識がなくなった状態ではないのです。

日常では「あくび」や「くしゃみ」、「貧乏ゆすり」もからだを調節するために「とっさに出てくる活元運動」なのだそうです。

活元運動は、はっきりした意識がありながら、無意識が出てくるのを観察している状態ともいえるのかもしれません。

私の場合、施術することが相互活元運動になっていたようです。

そうすると、先日の施術中の感覚も納得がいくようです。



2人の間で起こる相互活元とは、互いの気の交流から学びあうことです。

そのためには、できるだけお互いの無意識が交流することが大切です。

必要なことは、自分のいないところ(自分の意識ではないところ)で起こるからです。

自然の力は無意識に存在します。自然の力はどこにどのように働くかを完全に知っています。

(だって、自然はいつでも間違いをしません。)


この前から読み直している「リコネクション」でエリックが

「ヒーラーなんていない。ヒーラーは受けて自身であり、奇跡が起こるならそれを起こすのは宇宙の叡智だ。
(神とかエネルギーとか氣とか色んな呼び方があるけど) だから僕たちの仕事は、それをただ受け取りわきにどいていることだ。」 (私的な要約です)
と言っていますが、その通りだと思います。

レイキでもそう言っているし、野口晴哉氏も「天心(=無のこころ)で、てあてすること」と言っています。エドガーケーシーもリーディングの中でよく「他の人々の祝福の水路となりなさい」ということ
を残しています。

自分という存在を脇において、いかにまっさらな水路(導管)であれるか。

そのメッセージがわたしの元に頻繁に現れてきます。

そのためにも、無意識と意識の交差点にいる、「観察する自分」が必要なのかもしれません。

本当に大切なことは、何度もメッセージとして現れてきてくれます。



最近ますます、いま自分が生きていることがとても「有難いこと」、奇跡として感じられます。

生きていることそのものが、無意識の自然の働きで日々行われている奇跡です。

だから、生きているだけで私たちは完全です。




願いは叶うもの〜新月と旧暦の元旦に〜

  
今日は新月。旧暦の元旦です。

毎回新月の願い事をしない方も、今日は一年の始まりという特別な新月ですので

一年の願いをたててみてはいかがでしょうか?

願いをたてることは、自分のほんとうの願いを明確にすることでもあります。


本当に望んでいることは何なのか?

自分に本当に必要なもの(事)は何なのか? それらを、本気で点検する機会です。

ただ、なんとなく願ってはいけません。

そのために、抽象的な表現ではなく、”具体的に書く”ことをおすすめします。

具体的に書けない事は、まだ本当に願っていることではないのでしょう。


そして、一通り書いたら書いた言葉を読んで、「わくわくするか。嬉しくなるか」自分の気持ちを感じて

そうならないものは、わくわくする言葉に変えましょう。

言葉は、過去形か現在進行形が良いです。



そして、全て点検し終わったら、願いを手放します。

願いを叶えるには、願ったら手放すことが大切なのです。

ですから、そのあとは未練残すことなく書いた紙を捨ててしまうか、たんすの奥などにしまいます。


これは、私が1/9の満月に新春気功の会でしてきたことです。

よかったら、参考にしてください。



さて、私は満月に書いた願い事をもう一度、本当に願っているのか点検して

今年一年の願いにします。