かゆみと炎症、虫刺されジェル(タナセタムブレンド)

 

ご訪問ありがとうございます。

金沢市でアイダ・ロルフ博士の伝統ロルフメソッド(ストラクチャー・インテグレーション)という筋膜リリースがベースのボディワークをしているロルフシィーズのブログです。

 

 

 

 

 

前回虫刺されのブログで書いた、虫刺され、腫れ、かゆみ用のアロマジェル。

自分で使ってかなりいい感じだったので、先日虫刺されの腫れで悩んでおられたお客様にプレゼントしました。そしたら、山に行かれた時に使って、さっそくお役に立った様です。よかったー

 

 

 

 

 

 

 

見た目はギョッとする、ブルーのジェル。

これは、タナセタム(モロッカンカモミール)の成分、アズレンの色です。禁忌はないとされています。

 

 

 

“やけど、日焼け、又は皮膚の炎症や傷に使われるなどどんなブレンドにも必須の成分です。また、アレルギー反応を改善するブレンドにも必要なものです。この最も効果的な使用法は、5〜10mlのブレンドにこの精油を数的加えたものを外用、又は吸入する方法です。”

 

アドバンスト・アロマセラピー カート・シュナウベルト著 フレグランスジャーナル社発行 より引用
今までいくつか虫刺されや、かゆみのアロマブレンドを試してきましたが、私は、このタナセタムを使って今まで一番即効性と効果を感じました。
タナセタムは傷や、怪我、日焼け、肌の再生など幅広く適用がするようなので、アウトドア時のレスキューブレンドとして持っているのも良さそうです。
今回私が作ったのは、タナセタムがかなり高濃度で入っていますが、減らしてもいいと思います。これは、清涼感もあり、花粉症の目の痒み、鼻水なんかにも顔に少量塗ると効果的のようです。
シュナウベルト博士のブレンドには、タナセタムと、ペパーミントのブレンドが紹介されています。
今回の私のレシピ
10%濃度のジェルを20cc作ります。半分の5%でもいいかもしれません。
材料:ジェル基材20cc
乳化剤(天然由来)1〜2cc (ケンソーバスオイルで代用可能)
・タナセタム10滴
・ラベンダー・スーパー(ラベンダーアングスティフォリア=真正ラベンダーでも可)13滴
・レモンユーカリ(ユーカリシトリオドラ)12滴
・ペパーミント5滴
この配分がベストというわけではないので、ご自身で変えてみてください。
点眼容器に精油を入れて混ざったら、乳化剤を入れ、又よく混ぜる。そのあとジェル基材を入れてよく振る。使用するごとに良く振って使う。
1日何回か腫れ、かゆが治るまで塗りました。蚊に刺された時は、直ぐに塗ると効果がありました。
刺されて時間が経った所は、何回か塗って引いてきました。
体感や変化は一人ずつ体も違うので異なります。
作ってみられる方は、自己責任においてご使用ください。
又、精油の品質が異なると作用も違います。参考までに、私はプロナロム社のケモタイプ精油に一部YL社の精油を使用しました。

 

 

メニュー / アクセス / お問い合わせ / 電話 09094476510  

 

 

 RolfSeeds(ロルフシィーズ)

 

ロルフメソッドの10セッションシリーズは10回で姿勢を整え機能的に動けるようにしながら心を解放して自由にしていくセッションです。 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

初回体験セッションを特別に¥7500で受けられます

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は表面の筋膜の固まりをゆるめ、エネルギーをUPするセッションです。体が軽くなったり、

どっしり地面とのコンタクトを感じたりその方に必要な変化が起こります。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

 

 

 

コメント