あたまとこころの緊張を解く


秋になると、感覚のセンサーが研ぎ澄まされてくる。

いつもより空を美しく感じたり

空気がおいしかったり

ごはんがおいしかったり(笑)


反面、いつも気にならない音や言葉がみみざわりで、

いらいらすることもあるかも。


「あたまが冴える」のが、秋のからだの特徴。


普段から、きゅっと締まり気味(緊張気味)のひとは

ゆるめると、ほっとできる。



わたしがして、効果を感じたのは「かかとで呼吸する」


頭が緊張していると、つま先がぴーーんと張っている。


ゆったり仰向けになり、かかとから息を吸って、湧泉から吐く(足の裏全体でも)。

繰り返していると、つま先の力が抜けて、こころとからだのちからも抜けてくる。

無意識でこめてしまうちから。

意識して抜いてみると、ここちよさを発見できる。

本当は、こんなに ここいよい感覚があったのだと

一度でも見つけることができれば、いつでもそこに戻ることができる。

秋は、心地よさに焦点をあてて 感じていくとよい。


また、香りもこころとからだの緊張をほどき、やさしく助けてくれる。

ものさみしかったり、つらかったり、泣きたいきもちの時、絶望の時、くやしい時、自分がきらいなとき

はらがたってしょうがない時・・・

どんなときでも、味方になってそばで慰めてくれる、やさしい母のような香り

ラベンダーに助けてもらうときっといい。

自然の恵みは、深い無償の愛を持っていることに気づくはずです。









金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら

 
コメント