やけどの時のとっさのお手当 (キッチンで)


久しぶりに揚げ物油でやけど。


それもかなり、油が飛んだどころではなく・・・

ジューっと中指の第1関節を油につけてフライしちゃったアセアセ

こんな時に限って、ラベンダーが手元にない!

そこで、しなびたキャベツの切れ端があったので、指にぐるぐるまき〜




青物の葉やこんにゃく、豆腐、陰性のものなら何でもよいです。

前にやけどした時はトウモロコシの葉っぱを巻いたことも。


時々、当てる面を変えながら、葉っぱは小さいので2枚かえました。

調理はこれで続行、ずきずき感が減ったので、食事を始めてしばらくして取ってみると・・



 

もうすっかり赤みもなく、炎症が収まっていました!


調理中に、すぐ手当ができなさそう!とおもってもあきらめずに

手元にあるもので試してみてください。

ラベンダーもいいけど、青菜湿布は困った時に助けてくれる優れたお手当。

また、今回も実感しました。



金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会も気功、リンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら





 
コメント