楽しみにまってるよ♪

梅ジュース、らっきょう

今年の梅仕事も、一気に2〜3日で終えた。

梅酢が上がって来たら紫蘇を入れて、土用が来たら干す仕事。とまだ続く。

今年は自然栽培の立派な梅で梅干し5キロ。少し遅かった青梅でシロップ3キロ。

それから、初めてらっきょう漬けを作りました。

らっきょう漬けは夫の好物。

私の母がよく漬けていたが、私は苦手でごく最近まで食べられなかった。

いつももらったら、夫がよろこんで全部食べてくれた。

ところが・・今年、ふと気が向いて食べたら「おいしかった」のである。

ふしぎ。

味覚、好みって体質が変わるとどんどん変化する。

子供の頃食べられなかったものが、(嫌いだったものも)

おいしく感じたりする。


それで、初めて作ることにした。

塩漬けしていると、ぷーーんとらっきょうの香りが部屋に漂う。

「今年はラッキョウを漬けたよ。」と夫に言うと


「楽しみにしとるよ。」

と返事が返ってきた。


ほー 私が作るもので、こんな言葉をもらうものはそうそうない。

その言葉で、もうラッキョウがおいしくなった気がした。

楽しみに待たれていると、もうそれだけで、

梅干しも、お味噌も、シロップも、お漬物もおいしくなってしまう気がする。

発酵食品は特にそんな気がする。

こんなに楽しみにてもらえるらっきょう。もっと早く作るんだったな。

このラッキョウは、幸せだ。


以前お世話になった、お料理教室の先生がおっしゃた言葉を思い出す。

「自分が食べないからといって、作らないのは違うんだよ。」

「自分が食べなくても、家族のために、誰かを思って美味しく作るのが愛情のこもった手料理なんだよ。」
(うろ覚えだけどこんな言葉だったと思う)

先生は確かに、自分の嫌いなものも とても美味しく作ってくださった。「あんたたちが、好きでしょ」って。

その反対に、自分は食べたいけど、家族が嫌いだから作れなくなった料理 がある。

それも我慢しないで、自分がおいしくいただきた時は作ってもいいかな。とおもう。

一緒に食べていると、嫌いでも口にしたことのある味って、いつか将来おいしくなる事だってある。


とにかく「楽しみにまっている」ということ。

楽しみに待たれていることに、すばらしいエネルギーを送ることに気づきました。

成長や発酵を促し、出来栄えを予想以上に育てるのではないかと思います。

子供たち、家族、自分にもこのように接していたいなぁと思いました。





金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会も気功、リンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら

きseedsのさとう式リンパケアの活動はこちらのブログで紹介しています。
さとう式リンパケア セルフケアマスターしずのリンパケアblog

メール不定期でメールマガジンの発行をしています。
登録はこちらからどうぞ!







 
コメント