きらくの会 「梅雨を快適に過ごす」

今日は約半年振りのきらくの会でした。
毎月の会から、今年は四季ごとに変更しました。
春夏秋冬プラス梅雨も過ごし方の工夫で夏に入る準備ができる時期です。

今日は親子でMさんがご参加ださいました。

湿気が多くなると、からだも気持ちも重くなります。
そう言えば、お母さんもしんどいって言ってたな。と娘さんが誘ってくださったんです。

梅雨のからだは、動く、休むをしっかりすること。上手にエネルギーを発散することが大切です(^-^)

いつものように、ふりこ、やさしい気功、としていくうちに自然に活元運動が
出てきて自由に動いたり。
共鳴の心地よい場がありました。

そのあと、化膿活点の手当、背骨をみる手当をしました。
てあての不思議、触れる事の奥深さを楽しんでいただけたようです。

いつも一緒にいる家族で参加すると、家でいつでもお互いに、てあてができて良いです。

ご家族での参加、おすすめです〜(^-^)♪

次回は来月平日に
「夏を乗り切るやさしい気功」をします。

夏の間に活性する臓器を中心にてあてをします。

休日開催など、ご希望がありましたらご相談ください。
2名以上で個別開催可能です。




コメント