若杉おばあちゃんの食養講座その3

三日目の朝は、何人かで散策に出かけました。途中でヨモギと立派な栗を拾いました。


前日おばあちゃんから、どんな栗を拾ったらいいか、食べた後の栗の皮の利用法など教わったばかり。
何でも木になる実は(果実) 、人間の手の届く所の物だけ食べていい。それより上の実は猿や鳥の物。

昔は果物はからだを冷やすから、沢山食べると病気になると言われていて、食べ過ぎるなという戒めでもあったようです。

栗は帰ってから茹でたら甘くて食べごたえがありました。
ヨモギは1日ビニールに入れられカバンの中でぺちゃんこだったのに、出してみると生き生きしてて香りが凄くよい。

上林の自然の豊さ、土の生命力の力強さを実感しました。

三日目の午前は、のりかさんによるヨモギを使ったお手当て講座。

足湯、腰湯、ヨモギ湿布のお手当てを参加者をモデルに実演。(腰湯は真似だけ)
家で帰ってから、風邪気味の家族に早速お手当てできました。



午後からは、若杉おばあちゃんの講演会。
私たち35名のほか、全国から70名の参加者が約100名集まりました。

若杉おばあちゃんの食養は、限界集落といわれた上林地区のいまや村起こしとなっている。

今ではおばあちゃんのような暮らしをしたいと、全国から移住する若者がふえ、たくさん子ども達も産まれているそうです。

今回の合宿では、興味志向を同じくする人達と交流でき、楽しい時間が持てました。

来年もまた合宿に参加したいね!とまた全国に仲間達は戻って行きました。


3日間、良質の陽性食三昧をして腸内は一皮むけました。
体がぎゅーっと締まってくる感じがありましたが、からだはホカホカ、気持ちは落ち着いて平和な感じで、動物性の食事の陽性の感じとは明らかに違います。
いい感じで、力が出る。元気になる。

ただ、私には少し陽性過ぎたようで、帰ってからポテトサラダや酢の物の陰性食を欲しました。

食べたら自分的には、いま丁度な感じです。

貴重な合宿でした〜(*^O^*)

10月に2日の連続講座で、大阪での食養講座もあります。そのほかの地区でも続々講座があります。
お近くで興味のある方はぜひどうぞ。
詳細はこちらです

コメント