つらい時こそ、かんたんに

 

いよいよ、人生の最終課題(?)に取り掛かることにしました。

日々淡々としてはいるものの、内面はかなり暴風雨状態だったようで・・・


過ぎ去った後でやっとそれがわかるところが、にぶいなーと思うんだけど。


それが天然といわれる所以か。 本人にはわからない。(苦笑)


意味不明のまえ置きはさておきまして。




気持ちが混乱してる時には、漠然とした方法では人間は対応できないものなんだな〜と感じました。

ただでさえ気持ちや、頭が複雑になっているのだから、難しいことはできないのです。

例えば 「気持ちをこんな風にもってごらんなさい。」 とか

「こういう物を使って、こんなことをしてみてごらん。」と 何か物や準備が必要だったらできない。

だからすぐに出来る、簡単で具体的なことが、とても助けになる。



気功の学校のセルフ(通信講座)の課題のことで、担任の天野先生に質問をしました。

(いま思えば、「質問」という名のHELP!メールだったなぁ)

とてもていねいなお返事をいただけて、実際に出来ることを教えてくださいました。

腰を強くする呼吸法、手当てする、温める、ゆっくり動くなど

私のこころとからだに同時に起こっていることをていねいに診て、

どう手当てしていくかを教えてくださったのです。


返信が来て読んだら、とにかくすぐ 呼吸法、手当てをしました。

すると・・・ 気持ちが落ち着いてきて、ごちゃごちゃの頭が冷静になりました。

手当てしていると、からだの緊張がが緩んで 胸の中の気づかなかった感情のつかえがとれ

ぽろぽろと涙になって流れていきました。

あぁー肩と胸が楽だあ〜 ふうぅぅぅぅ。。。

それをやってストンとゆっくり眠り、朝はすっきり目覚めました。

少しずつ、秋から冬への課題として(人生の季節とも重なるような・・)

自分をゆるめてゆきます

わたしの体験は、ほかの方にもきっと役立つと思うので、

今月の「氣楽の会」でも、ご紹介させていただきますね。




コメント