ティートゥリーのお手柄?!(インフルエンザ)

 
家族が1ヶ月間、会社の研修で合宿しています。

会社からの指定の準備物に、なんと!「うがい薬のイソジン」と「マスク」が必須とありました。

昨年の研修中、ストレスが多い集団生活なので、季節はずれのインフルエンザで寝込む社員が多かったそうです。(研修もハードなのかな)

そして、今年もやっぱりインフルエンザが流行したそうで、10数人がインフルエンザにかかったそうです。

ところが、家族から「ティーツリーはすごいわ!!」とメールがあって・・・

本人と同室のメンバーはかからなかったそうです。


インフル用ではなく、実は花粉症の予防にティートゥリーを持たせたのですが

それを塗っていたのと、貸し出しの加湿器を部屋に置いてあったのがよかったようだと

報告してくれました。

しかも、眠い時にもシャキッとするし、「ティートゥリーを持っていってよかった!」と精油の効果を実感してくれたようです。

きっと、成分的な作用だけでなく、香でストレスも癒されているだろうと思います。


赴任先にも精油のレスキューキットを作って持たせなくては^^

シングルオイルでは、ラベンダー、ペパーミント、レモン、ティートゥリーあたりかな。

それとストレスケア用に、パインとスプルース半々のブレンドを

10%濃度のロールオンにして作りたいと思います。

ロールオンは携帯できて塗りやすいので、本当に便利。


戦う戦士には、アロマセラピーは頼もしいパートナーになるとおもいます。







コメント