弱音を吐こう

 

自然療法サロンシィーズ Seedsオーナーのブログです。

今日はお仕事とは関係ない、ひとりごとをつづっています。。。

 

 

長女というのは、いつまでもおねーちゃん体質が抜けないのだなと、ふと感じた瞬間がある。

「おねいちゃんだから、がんばらなくちゃ」が染みついているみたい。

 

 

私は、自分の疲労に鈍感だと思う。

何かに夢中になると疲れを忘れて動き回ってしまう。それが結構ぎりぎりでも気づかない所が面倒だ。

からだの声を聞かずに置いてけぼりにして、気持ちで動いてしまうのだ。

 

その上、「弱音を吐かない習慣」がついるので、

ますます自分をいたわるタイミングを失っている。あせ

 

そんなことに気づけた。

 

 

それは先日、ただ無になって車の運転をしてた時。

運転中にちょっとしんどくなって、でも引き返すことができず

 

トントンと胸のあたりを自己流でタッピングしていたら・・どんどん緊張がほどけてきて

そこに詰まっていた感情があふれたことがあった。

 

 

 

右胸には「心配」 が詰まっていた。自分の中の心配を言葉にして出してあげた。

落ち着いてから左をトントンしていたら「私なんか」が出てきた。

 

そいういうワークをするつもりではなかったので、ひょっこりでた言葉に驚いた。

 

 

 

おもしろいもので、体の緊張には意識に上ることを避けるために

さまざまな感情が保存されていることがある。

 

長年のボディワークの学びの中で、よくテーマになってきた事柄だ。

 

 

普段から、感情を素直に表現できる人をみると素敵だと思う。

自分の感じていることを、素直に出すことができれば

からだに、閉じ込めてしまうリスクは減るのだから。

 

 

今自分が何を感じているのか、それを表現することは

自分でも確認することになるんだなと思う。

 

 

そこで、私もたまには弱音を吐くことにしました(笑)

基本元気ですが、疲れたらちゃんと疲れたと言って、家族にもお休みをもらいます。

今日はお弁当お休みします〜とかね。

 

 

今の自分の現状を把握してる人は無理しないから

 

自分にやさしい人ですよね♪

 

自分にやさしく。弱音を吐こう。

 

 

 

(^^♪ゆるふわタッチで気持ちもコリもほっとほどける。

やさしいセラピー専門店 ボディケアスペース Seeds(シィーズ)♪

 

しずのさとう式リンパケアのブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみくじの逆読み (春分の前の気づき)


いつもご訪問ありがとうございます。
自分にやさしくなれる自然療法サロンSeedsシィーズセラピスト堀内しずえです



今日はお天気も良く、おやすみだったので旦那さんとドライブがてら白山さんまで。


今年初めてのおみくじを引きました。すると、末吉で結構きびしい内容が・・

(白山さんのおみくじは全体的に厳しめです)


そこで、こうならないためどうしたらいいか、必ず書いてあるはず!と思い直してよく見ると


ありましたよっ♫ ふむふむ、自分にありがちな事でした。


勝手な解釈ですが、この先の人生はおみくじが決めるわけではなくて


私がどう考えてどう行動するかなんだから、気をつけるべきポイントを

教えてもらったと思えばいい。


ありがたく受け止めて、そこに書かれているようにしなければ、そうならないんだと思いました。



なぜそんな風に考えたかというと、


最近ずっと全てがスムーズなので、おみくじの内容が全然しっくりこなかったんです。


思い返せば、調子が良いのは「あれのおかげかな」「これのおかげかな」ときっかけが浮ぶ事はあります。


でも、それは自分が無意識に、潜在意識にスッと刷り込んだからだと気がつきました。


だから、逆のことが起こることもありえます。


無意識の中から意識に上って来る事に意識を向けること


無意識に何かを刷り込んでしまわないように気付いていること


意識的に自分の思考を観察する大切さに気づいた日でした。



明日は春分の日です。


意識的に目覚めた日々を送るスタートになりました。




行動が起こる前に、必ず無意識が動き出します。


それを「気」が動くという風におっしゃった先人もいます。


行動が起こる前には先に必ず気が動いているそうです。



そういう観察ができると、自分との付き合いも愉しくなってきますね。




〜自分らしくいきるための自然療法サロン〜

やさしいセラピー専門店 ボディケアスペース Seeds(シィーズ)♪




”とことん” の果て

好きなこと、気になる事、インスピレーションをくれること・・・



どれでも 



自分なりにとことんやって



へたくそでも



誰にも認められなくても



苦しくても



その情熱がある限り



とことん続ける。



壁にドスンとぶつかるまで。




ドスンは


      「もう嫌だ!」


かもしれないし



           「飽きちゃった〜」


かもしれない。




それにエネルギーが尽きるまでむきあうと



さいごに見えるものがある。



次の扉なのかもしれない。次の階段なのかもしれない。



何か、その情熱(エネルギー)の奥底に沈んでいた 見えなかったもの。




そうして、行きついたものは やっぱり どう変えようもない じぶんらしさ。



オリジナリティーになるのだと思う。


その過程で、じぶんらしさになっていく。


個性は最初からハッキリ見えるものと、自分でそぎ落とすことで出てくるものがあるような気がする。



だから、とことんは大事なんだ。



子供は自然にそれをしている。


何かに夢中になって、同じ繰り返しを飽きるまでする、とうとう飽きたら、次の別のものにさっと移り


また、とことんを繰り返す。



進歩がないように見えるかもしれないが


次に移る時点で、前よりずっと成長している。



何かに夢中になっている子供がいたら(大人も)


ぜひ、飽きるまで見守っていてほしい。


自分で何かを見つけようと、その子なりの法則を作りあげている最中なんだから。


自分の力で見つけたものは、人から教えられたものの何百倍も価値がある。



私の とことんも そろそろ


おしまいっ!の域に達するところ。


tateyama

立山 また行きたいなぁー